タイトル画像

『T.M.R. LIVE REVOLUTION 』

2017.01.04(22:24) 915

昨年はお越しいただきまして、ありがとうございました。
2017年もよろしくお願いいたします。




本年最初のLIVE参戦行ってきました!

『T.M.R. LIVE REVOLUTION ’17 -Route 20- 』
1/3(火) @日本武道館

東スタンド

2階席で真横から観る位置ではありましたけど、通路のすぐ後ろだったので、視界は良かったです♪

武道館だからと言って、特別なセットはなく、照明だけのシンプルなステージ。
違っていたのは、ややセンターステージになっていて、アリーナ側が正面になる形ではありましたが、客席が360度でした。
ステージの周りにもぐるっと花道(?)もあって、後ろ側の前列の座席の方たちは、手も触れられる程近かったですねー。

2016年から8ヵ月かけて行ってきたツアーの最後の場所。
この日はしきりに感謝の言葉を発していた西川さん。

わがまま言って、このメンバーで、このメニューで、どうしてもやらせて欲しいって言って、実現してます。
今回のツアー、やってて楽しいんです。いくらでも出来ちゃう。
場所はどこだろうがいつも通り、まっすぐやらせてもらいます。
最近元気過ぎて、放電しようと思って、朝からジムへ行って来ました。実質(今日は)2回目のステージです。

悔しい思いや腹立つ事もたくさんあったし、でも、その気持ちをエネルギーに変えて、まだ上を目指します。いくつになっても。
紅白にも回し(副音声)の方で呼ばれた悔しさもあり…( ;∀;)

いや、もう、西川さんのMCは多くを語ってくださるので、とても書ききれませんね~。

ツアースタッフやサポートメンバーに何度も感謝の言葉を発していましたし、こうしてまた武道館のステージにたてること。
皆がその声を聴いてくれること。
見つけてくれた(T.M.R.を)皆に感謝です。ありがとう。って深々くお辞儀。
この先も変わらないと思うけど、こんな俺でもいいですか。
いいからついてきてるんです!!

こちらこそ、全国に会いに来てくれてありがとうですよ。

で、すぐあいたいなーと思って、久々にZeppツアーやろうかと思ってます。

\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

会場がものすごい歓声に包まれる中、⦅Zeppか~⦆と心の叫び……(;^ω^)

LIVEがあったので、実家に帰れてないと言っていたので、少しでもゆっくりできるといいですね。

毎公演本当に熱い熱いLIVEを届けてくれてありがとうございます!!!
3日、4日と2日間お疲れ様でした!!

お正月にLIVEやるってやっぱ、いいね。って言ってくれたので、期待してますよー。




にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへ
にほんブログ村






《追記》

1/4 情報解禁。

Zeppツアーだけでなく、5/13(土)、5/14(日) の2日間、さいたまスーパーアリーナ公演も発表されました。
ヒエー!!! 是が非でも行きたいわ!!!!

ん? スーパーアリーナと言えば、その前の週、5/3はスガフェスではないですか!?
まあ、私は残念ながらチケットとっていなので行けませんが。。。

5月もさいたまスーパーアリーナは盛り上がりますねぇ~ !(^^)!(^^)/




LIVE IS POWER


タイトル画像

『T.M.R. LIVE REVOLUTION '』 両国国技館

2016.08.22(19:27) 907

『T.M.R. LIVE REVOLUTION '16 -Route 20-』
8/20(土) @両国国技館
枡席 西 15側 **枡 *番

ツアー折り返し25本目。

この日は、台風の影響で朝から豪雨。不安定なお天気の中、夕方にはどんより空ではありましたが、傘が必要ないくらいに回復しました。
晴れ男の威力は健在です。さすがに3個もの台風が相手では、雨を止ませるまでが限界だったようですが・・・(^-^;

国技館に入った事がある人はご存知かと思いますが、2階の枡席は4席づつ(前後左右)でパイプの柵で仕切られているお座敷席です。4人が知り合いや家族ではない限り、同じ柵に他人同士が座る事になります。
なので、簡単なご挨拶をしてから座りました。
と言っても、座っているのは開演前だけで、ほとんどオールスタンディングですけどね。
お座敷なのにオールスタンディング(^▽^;)

今回のツアーは震災を考慮して始まったツアーなので、国技館だからと言って、特別なステージセットはほとんどありません。
派手な演出もないけど、そんなの全く関係ないし、気にもなりませんでした。

“ここにあるものは、楽器を持った汗をかいた男達です”

十分です!!

台風が同時に3個も来ていることに触れ、父方の祖父母、母方の祖父さんがまとめて来てくれた、と話す。孫の事がさぞかし心配なんでしょう、と。

途中で雨の落ちる雫の効果音が聞こえてくると、“これ、雨漏りじゃないですよ” って。。。(^▽^;)

“死んだじいちゃんの誕生日が、いや誕生日じゃなくて、葬式だよ。その日もすげー雨だったんで、この場所にも来てくれたのでしょう。でもまさか、父方のじいちゃんとばあちゃんも連れてくるとは”   的な事を言ってました。


この日はとにかく蒸し暑かった。冷房の涼しさはほとんど感じられず、汗が止まらなかったです。


“台風が来てるから、湿気がすごいよ。しかもこれ(袖がないもこもこした上着)が、ものすごく暑い! 脱ぎたい!”

“脱いでー!!!”

“俺にも脱ぐタイミングってもんがあるの!”

それでも続く “脱いで” コールに、渋々1枚脱ぎました(#^.^#)
自分のタイミングで脱げなかった事に不満を漏らしていたので、脱いだ衣装を持ち去る事を躊躇していたスタッフさんが、西川さんに “早く持ってけ!” って言われ、かなり早いスピードで持ち去った姿がちょっと微笑ましかったなー。


そして、iPhoneで自分の曲のイントロを流し、お客さんに歌わせるって言うイントロコーナーww

歌わせるって言うか、自然にみんなが歌い始めてるんですけどね。
これがまた楽しいの(^^♪

“これで、こんな盛り上がるなら、これでいいんじゃない? ケータイ1台でツアーできるじゃない? このくだり嫌いじゃない”

はい、嫌いじゃないです。

今回も募金活動のお手伝いをしてくれてるマスコットを紹介。
この日は『ソラカラちゃん』の登場。
簡単な紹介の後、右の方(会場の)にも手を振ってあげて。左の方にもね。真ん中もね。そして僕も見て。見つめ合うふたりww

動きが機敏なことに、さすが東京は違うねー。って、しきりに感心してました。


LIVE ができる環境に感謝の言葉を何度も言い、限界のその先を行くのだと叫ぶ。

演奏が終了し、サポートメンバーがはける時、四股を踏もうとしたのですが、4人がバラバラで、うまく決まらないまま、股を開いたまま、カニさん歩きで下がってしまいました。
ヨイショー! と掛け声をかける準備は出来ていたのですが(笑)、タイミングがなかったです(´▽`*)

その姿を見守る西川さん。

“やるなら、練習しろ!!” と暖かく叱咤激励ヽ(^o^)丿

“また会おうぜー!!”

約束の言葉で終演しました。

バラード曲が少ないので、毎回ほんとに激しくて、暑くて、熱い!!
そして公演毎に変わるMCの達人w
頭の回転が速い人だよね。ずっとそう思ってますが。


本当にお疲れさまでした!
そして、まだまだ続くツアーですが、すべての公演が無事に行われますよう、心から願っています。







≪ひとこと≫

私たちの隣の枡席の女子ふたり。
長いイエロー髪をツインテールにしていました。
その長髪ツインテールのまま、飛び跳ねるわ、ヘドバンするわで、髪が体に当たるし、前の人達の頭まで直撃。
最後にはパイプの柵に乗って、逆隣の枡席に落ちてました。

応援する気持ちは同じだし、飛び跳ねようが、ヘドバンしようが、規制がないので自由です。
ですが、夢中になりながらも、他人に迷惑をかけている事に気づくべきです。
前の人はあからさまに不快な顔しながら、振り向きました。

すぐ隣にいた娘は、LIVEの楽しみを邪魔され、集中出来ませんでしたよ。
席を変わってあげようとしたのですが、私の楽しみまで奪ってしまうのは申し訳ないと思ったのでしょうね。極力距離をとり、最後まで我慢してました。
あの大音響のなかで、彼女たちに声をかけて注意を促したところで、聞き取り辛かったでしょうし、楽しんでるところに水を差すのも本意ではありません。
彼女たちは毎回その応援スタイルなのでしょうか? 初参戦でない事は見てわかります。
髪を振り乱したいなら、せめて長い髪をもう少し短く束ねて欲しかったですね。

いろんな人がいて、いろんな考え方、捉え方があると思いますが、楽しいはずのLIVEが、ほんの一部の人の行動で不快な思いをしてしまうのは非常に残念です。
でも、きっとゼロにするのは不可能でしょうね。
対処法を見つけた方がいいかも知れません。
そして、自分の行動も他人に迷惑をかけていないか気を付けないとですね。

長いひとこと(もはやひとことではないですね…^^;)になってしまいましたが、ちょっと、憤りが収まらなかったので。







にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへ
にほんブログ村




LIVE IS POWER


タイトル画像

『T.M.R.LIVE REVOLUTION 』

2016.06.17(21:43) 905

『T.M.R.LIVE REVOLUTION '16 -Route 20-』
6/15(水)
川口総合文化センター リリア・メインホール

1階17列

2016年の全国ツアー11本目!行って来ました!

リリアって3階まであるのねー。お初です。

会場入りの時、皆さん結構のんびりな感じでして。。。。。
スタッフさんがギリギリになって「急いで下さ~い!」とかさ。入り口をもっと開放すればいいのに。
席に着くと、間もなく開演になりました。

ものすごい歓声とともに、のっけから熱いLIVEの開幕です。



少々ネタバレあり















今回のツアーは、照明と最小限のセットのみ。5年前もそうでしたが、震災を考慮しての事。
T.M.R.のLIVEは、派手なセットとかなくても、西川さんの歌唱力とサポートメンバーの演奏だけで十分な気がします。だって、西川さんを集中して観ていられますもん( *´艸`)
そりゃ、もちろん、凝った派手なステージセットも魅力的ですが。

ノンストップ→MC→ノンストップ→MC のサイクルで身体がフル稼働ー。
“和” を取り入れたイントロ。西川さんがあるものを叩いてるのにはビックリ。サポメンさんも担当以外の楽器での演奏で・・・。
かっこよかったーー!
ほとんどの楽曲がライヴバージョンにアレンジされてて、戸惑う曲もありましたけど、そこがLIVEの醍醐味でもあります。


間のMCは、相変わらず長い(^▽^;)
記憶が曖昧ですが、ほんの一部を。



≫15周年のツアー、川口で始まるはずだった。(震災のため延期)
 そして、20周年のツアー、震災の中でまた川口でのLIVE。感慨深い。

≫狭いです(会場が)。その手の届きそうな感じがいい。

≫20年も連れ添った方々は膝にきてるだろうから、椅子のある会場を用意しました(-∀-)

≫神戸LIVEが終わった翌日、新幹線で移動した西川さん。品川で凄い髪色のおばさんが、お付の方達の囲まれながら歩いていて、何か新興宗教の団体かと思ったら、アルフィーの高見沢さんだったww 
おばさんじゃなくて、おじさんでした。

アルフィーも大阪でLIVEだったらしいのですが、なんのLIVEだったか(ツアーなのかイベント的なものなのか)、何を聞いても“フェス!”しか言わない高見沢さんに、なんのフェスか言えよ!とキレ気味だった西川さん。どうやら大阪フェスティバルホールのフェスのことだったらしい。
高見沢さん、略し過ぎだわ。

MC途中で IKUOさん のイヤモ二が壊れまして、西川さんが間を持たせていたのですが、ご自分のiPhoneに入ってる曲を流し、マイクで聞かせてくれる西川さん。客席が大合唱始めると曲を止めたり、イントロが終わり、皆さんが歌おうとすると、曲を止めるという、やり取りがしばし続く羽目に・・・(^▽^;) 相変わらずのドSっぷり。

 “何勝手盛り上がってんの?こっちが楽しいんで、それをあなた達が答えるんでしょ!”と今度は先生になるww 


≫15周年のツアーの時も、今回も、何の因果か九州で大きな地震があって、今も熊本の使わせてもらうところ(LIVE会場として)は改修工事の最中で、不安な中、こうやってツアーを回らせてもらってるからこそ、皆の想いを繋げていけるよう、募金活動も続けています。

で、ここで募金活動をしている埼玉県のマスコットである『コバトンとさいたまっち』の登場。
2人…、いや2体? (西川さんは2組って言い方してた)の説明が始まる。
『コバトン』は知ってるけど、『さいたまっち』は知らなかったなー。覚えておこう。


≫今、東京はエライ事ですよ。(都知事問題) 選挙になると凄くお金がかかる。その血税を熊本に持って行け!って話ですよ。
 埼玉だからどーでもいいと思ってるでしょ? 
 誰か良い人いないの~。  (貴教ー! の声が)
 これだとちゃん西って流れになるじゃん?

その後だったかな~?西川さんが自ら「総理と呼ばないで~」って言うもんだから、しばらく総理コールが起こってた。

≫この会場は初めてライヴレコーディングをした会場。それから年月が流れ、その時の景色と今の景色は同じようで全然違う。
今のほうが全然いい!
今の俺を作ったのはお前らだから。←何度か繰り返す。
だから歌えー!!


最後に

  “かわぐちーーー!!”
  “また会おうぜーーー!!”

の言葉で熱い熱いLIVEは終了しました!


サポートメンバーがはける時、全員で手をつなぎ、ウェーブをしながら消えていくと、そのぎこちなさに、“こんな硬い関節の人たち初めて見たよ”と失笑。

おしり‘フリフリ’のおちゃめな西川さん。ムキムキ上半身の生身をさらけ出す西川さん。
ほぼアップテンポの楽曲ばかりなのに、全く最後まで変わらない声量の凄さ。
T.M.R.のLIVEを初めて観た人も、彼のステージ上でのパワーパフォーマンスに、想像以上の驚きだったのではないでしょうか。


ツアーはまだまだ続きます。

私の次回参戦予定は両国国技館。
楽しみです(o‘∀‘o)*:◦♪




にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへ
にほんブログ村





LIVE IS POWER


タイトル画像

【UNDER:COVER 2】

2013.02.28(19:32) 791




ファン投票による、T.M.Revolutionセルフカバーベストアルバムの第2弾。

15曲がすべて異なるアレンジャーさん達によるもので、とても楽しい。
デビュー当時からのファンにとっては、聴きなれた楽曲が、今の西川さんの声で聴くことが出来る感動を覚える。
昔のアルバム曲を知らない、最近ファンになった人達は、益々興味が湧くのではないだろうか。

ロックな曲が多い中、『last resort』はとてもきれいで美しく、『vestige』については、鳥肌が立った。LIVEで聴いたら、間違いなく泣いてしまいそう……。

15曲、すべて主役。

【UNDER:COVER1】も、もちろん良かったけど、アレンジだけを聴くなら、【2】の方が好みかも。個人的に。





にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村




LIVE IS POWER


タイトル画像

『T.M.R.NYP12』

2012.01.03(11:30) 674

あけましておめでとうございます

本年も宜しくお願い致します


年末年始から娘が体調を崩し、4・5日は水分だけとゆう生活を余儀なくされ、わたくしは頭痛が数日間続き、なんともめでたくない2012年のスタートです


それでもなんとか行って来ました


1/2(月)
『T.M.R.NEW YEAR PARTY'12 LIVE REVOLUTION』@日本武道館


昨年もT.M.R.で始まり、ポルノグラフィティで終わった1年

いろんな出来事が有りながらも、今年もまたT.M.R.で始まる事が出来た

有難い事です。



体調いまいちなんで、簡単に感想を書き留めとおこうかなと…


今年の『NEW YEAR PARTY'12 』は座ってる時間が長かったから、全く疲れなかった


開演前には、スクリーンにリアルタイムにTwitterのTLが速い速度で流れている。
場内アナウンスは、なんともテンション高い声で、西川さん自ら行うとゆう、今年は何かが違う


和太鼓から始まり、宴~UTAGE~でスタート。


2011年の西川貴教を前半、後半に分けて、川平慈英さんのナビゲーターで振り返る。

その流れで、共演者さん達のコメントが間あいだにスクリーンに写し出された。

西川さんはほぼ完璧人間って事です( ̄∀ ̄;;)


袴姿で登場した西川さんが、鏡持ちの新キャラのモニターと共に進行するトークのお時間。

事前に募ったお題について。

2012年に持ち込みたくない事。
おめでたい告白。
西川さんに対する苦情…。
等々、たくさんの笑いと拍手で失笑したり、和んだり。

そして、歌って欲しいカバーリクエストの1曲目。
メッセージを読み終えた後の西川さんの歌声には、思わずマジ泣きした

小田和正さんの『たしかなこと』(←だったと思う…確信持てず)

西川さんはどんな曲も自分の世界にしてしまう、半端ない歌唱力の凄さ

そんな感動を受けつつも、まさかのAKBやっちゃうとはねー
しかも衣装から振り付けまで完璧なヘビロテ

ダンスの技術うんぬんより、アイドル完コピしても違和感ないとゆう、恐るべし西川貴教・41歳

恥ずかしげに舞台から去る後ろ姿が、なんとも可愛かったぁ



西川さんは、自分がステージに立てているのは皆のおかげって、何度も言ってたけど、彼が立ってくれるから、私達だって付いて行けるんですよ


ステージは常にパワフルだし、出すしかない乳首もしっかりサービス

新旧おりまぜての3時間。やっぱり短く感じたな


アンカバ作成中の中、ツアーファイナルは、代々木第一体育館との発表もあり、今年も多忙な1年になるねー

私は行けるかわかりませんが……。



今年もボチボチ頑張ります






まずは、1日でも早く健康なわが家に戻る事を願うばかり…
 
 
 
にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへ
にほんブログ村

 
 

LIVE IS POWER


タイトル画像

T.M.R.国技館LIVE♪

2011.08.11(23:36) 666

T.M.R.LIVE『CLOUD NINE』追加公演
@両国国技館 8/10


追加公演の1日目に参戦

大まかに感じた事を書き留めてみた。


座席は、まさかの枡席で、土足厳禁

アリーナ→折り畳み式椅子

2階席→普通の椅子の座席

1階→枡席(お座敷)


1枡が4名で区切られ、土足厳禁だから、もちろん靴を脱ぐ

座席の一部が黒幕で覆われ、サイドステージが作られていた。
西川さんも話してたけど、丁度武道館の1割ぐらい小さい感じだそうだ


東側横からステージを見る事になるのだが、結構近いよ
そこですでにテンション上がる


LIVEはほぼ定刻(5分押しくらい?)に始まった。

まず西川さんが、スタンドマイクの前で深く一礼。

大拍手の中、奏でられるイントロ

最初から飛ばしまくります



 《セトリは除く》



◇お座りMC

★客席の女の子のパンツが丸見えだった事をいじる。
女の子が座ってた格好まで再現。
もっと出していいんだよ。
これからどんどん出して行こうね。

 オイ、オイ、相手は子供じゃないか。

★天井近くに並べて飾ってある力士が、どんな意味があるのか会場に問い掛けると、「横綱ー」「優勝力士ー」とかみんながバラバラに叫ぶから何を言ってるのかわからない西川さん。
「ダメだ、やっぱり○○○にしか聞こえない」

まただよ子供もいるっちゅうねん

★ここは(両国国技館)、ある意味男同士のぶつかり合い。次の野郎LIVEは後楽園でやろうか?そこも○○と○○のぶつかり合い。

ハイ、ハイ
大人にしか意味わかんない内容



まあ、そんなんばっかじゃなく、震災後のLIVE開催までの苦悩や葛藤の気持ちも言葉にしてくれて、T.M.R.は日本だけじゃなく、世界でも上を目指すと発言。(ニュアンスです)
外国にもT.M.R.を待っていてくれる人達がいると。

これは海外進出フラグ?

更に多忙化、キッツキツのスケジュールになる予感

そしてアンコールでは、お馴染みのあの四角い抽選BOXが登場~。
運んで来たのは、まさかのコバP~

えっ
ってことは、つまりアレかい
そう、アレしかない

BASARAファンならすぐにピンと来るはず

コバP「私、もうすぐ(来週?)誕生日なんですよ~。それで、今日は西川さんからプレゼントを貰いに来ました~。歌のプレゼントを貰いたいと思ってるんです」
(だいぶハショってます)

もう、バレバレ。
仕組まれた台本だよ(笑)。
ウズウズしながら西川さんの返事を待つ。

「それでは、今、ここで正式発表させていただきます

と言うわけで、期待どおり、今秋に発売される、戦国BASARA~宴~のオープニングテーマが、T.M.R.の『UTAGE』に大決定

期待通りで嬉しゅうございますー\(^▽^)/

《※コバP(通称)とは戦国BASARAシリーズのプロデューサーで小林裕幸さん》

勿論ゲームも買いますよー(娘が…)


さて、いよいよアンコ曲を決める大事な抽選。
西川さんが引いたのは、なんとe-プラスの半券…。

西川さん、肩を落とし、暫くの間、独り言をいい続ける。ってか、一人芝居的な…

そしてその半券の主は、埼玉県から来た、越谷市民(埼玉県民と言うだけで親近感)

引いた曲は『Zips』

イイネ、イイネ
IKUOさんのギターパフォーマンスを真似する西川さん。

2人目の人は茨城県民。
「津波が来た」と言う。
西川さんもちょっと言葉に詰まるが、だからってサザンは歌わないよと返す。
西川さんが今の状態を聞くと、今は大丈夫!とはっきりと言い返す。
館内に暖かい大拍手が起きる

彼女が引いた曲は『HOT LIMIT』

SUNAOさんがコードを確認してるのを西川さんに突っ込まれる

HOT LIMIT 両国ver.も良い眺めだったー


最後の締め

「最後にこれだけは言わせてもらいます  『しょう~しゅう~りきーーー』 」


拍手喝采でLIVE終了。

アンコールが1回だったのは、西川さんが、事前に伝えてくれたから。

国技館は近隣の事も配慮して、22時厳守。

サポートメンバーがステージを降りて、西川さんが会場の隅から隅まで手を降り終わり、一言を話始めた時にはもう22時が迫っていた。

西川さんは、ちゃんとわかってるんだよね。
あの歌声を聞かない限り、みんなが納得しないと。

だから、コールが起きないように、制限時間ギリギリで、自ら叫んでくれたんだよね。

そしてみんなも、時間を守って、会場を出る。

3時間がとても短く感じたし、最後まで気持ち良いLIVEだった


ただ、国技館でROCKのLIVEは心臓に悪いし(ズシズシ心臓に響き過ぎる)、音響がクリアじゃない。
長時間は無理かもね

まあ、国技館だから、そこは求めるもんでもないが…。

逆に、枡席はひとりの範囲が広く、通常の箱会場とは比べものにならないくらい余裕がある。
(比べるもんじゃない)

しかも枡席で靴脱いでのスタンディングだよー
貴重な体験したよね


どなた様も、大変お疲れ様でした
 
 
 
 
 

LIVE IS POWER


タイトル画像

「-CLOUD NINE-」@羽生

2011.05.15(12:39) 658

T.M.R.
LIVE REVOLUTION'11
【-CLOUD NINE-】

5/14(土)
@羽生産業文化ホール


3月の川口公演が来年に延期になったため、本日が自分的初日となった。

tourは、初めて見る感動を大事にしたいから、毎回ネタバレレポは一切読まない主義な自分。
やっと感動を共有出来る。

書きたい事、思う事、たくさんあるけど、おおまかな感想を記憶の中から、簡単に書いてみます。


座席は31列目。
開場してから座席表を確認すると、なんと最後列

ここで喜んだのが我が娘。

「一番後ろじゃん!!ヤッター!!」とヒャッホイしてる。。。喜ぶポイントじゃないよ。
後ろに誰もいないのがいいんだと!(┳◇┳)

そんな娘を横目でみながら、場内へ。
躊躇することなく、最後列へ進み、席に座って見ると、えっ!これで一番後ろか?ってくらいよく見える。段差があるから、ステージが隠れることなく全部見えるのだ。

小さいキャパはそれがいいね!!





以下ネタバレ含む


















開演18:00きっかりに開始された

演奏からではなく、西川さんの言葉からLIVEが始まる。

大震災を考慮して、豪華なセットは一切ない、ライトアップ効果だけのステージは、西川さんとサポメンさんだけに集中出来る。
言わばLIVEの原点と思える。
シンプルさが逆に新鮮にさえ思えた。


 《セトリは省く》


16年目のスタートをさいたま市でもなく、大宮でも、東京23区でもない、ここ『羽生』で迎えている事。それこそがこのtourの意味がある。

6年待たせておいて、会いに来てではなく、こちらから会いに行くんだと言う西川さん。


MCは長くなるからと、みんなを座らせてのトーク。

ここでは羽生の田舎振りを語り始める(* ̄∇ ̄*)



◆首都高から車で来て、羽生に近づくにつれて、回りが畑ばっかり。


◆裏手に車を止めるのも、普通は舗装されてて、車止め(?)みたいのがあるけど、着いたら砂利。


◆羽生って、アニメでなんかなかったっけ?
客席の声がバラバラに叫ぶから、何度も聞き返す西川さん。

《‘らき☆すた’との声があり、隣の隣(町)かと納得》


◆羽生ってどこの位置か後で地図で確認します。

《来る前に確認して欲しかったよ西川ちゃん!》


◆羽生にコンサート会場がある事を初めて知った。
いつもエレクトーンとかバレエの発表会ぐらいしかやらないんでしょ?誰か有名人来た事ある?

またもや場内からのバラバラ発言に耳を傾ける。
ああ~、と言いながら立って、そのアーティストの真似をする。手を前に出し、腰を振る…。
《DAIGOさんだ!》

実はあんまりよく(曲)知らないんだよね。
《ブーイング》


◆地方の何がいいって、普段行けない、ファミレスに行けるとこ。
ここでも客席からバラバラにファミレスの名前を叫ばれ、バーミアンだけ拾うと、「ばーみあん、はにゅ~」とLIVEスクールの西川くんキャラの声で連呼する。

※Twitterにて、びっくりドンキーに行った事が判明。


◆tourが長くなると洗濯物がたまる。そこで今回もみなさんの出番。
パンツと靴下を貢いでいただきたい発言。
パンツは小さめでいい。

《会場内に中途半端な笑いが起きる》

違うよ!小さいって、大きさじゃないよ!とかいいつつ、手振りで(途中でマイクを置いてまで)パンツの説明をし始める

ショートボクサータイプ(?)がいいみたいですよ。
貢ぐ方は、腿までくる長いタイプは止めましょう(* ̄∇ ̄*)


◆羽生についてサポメンさんに振りたくても、なんのエピソードもないことに、そーですか…。僕もなんもない。


トーク中のBGMは、音量を控えた柴崎さんのギター


そこからは3曲ほど座って聴いた。

T.M.R.のLIVEで途中座って聴いたのは初体験だわ


15年やって来てもまだ上を目指したい。

他のLIVEより楽しいって思わせたい。

T.M.R.のファンの顔は他と違うって言わせたい。

↑的な事も言ってた。



アンコールの曲はお客さんが決めるとゆうシステム。

チケットの半券を西川さんが引き、その座席の人がボールを引いて、ボールに書かれた曲を演奏する。
(ボールには、CLUDNINEに収録されていない曲が書かれている)

驚きーー
つまり、会場によって、アンコの曲が違うわけよ。

そこで、チケットの半券が入った箱を持って来たスタッフさんをいじる西川さん。

「みんなそんな目で彼を見ないであげて。
毛根は死んでるけど、彼の心臓は生きてるんです!!」

ひどいわ。
西川さんがいじらなければ、お客さんだって意識して見ないのに( ̄・・ ̄)
彼はずっと下を向いたまま照れ笑いしながら、箱を差し出す。

そしていよいよ、長谷川さんのドラム音と共に、半券を引く西川さん。

11列*番

回りがざわつく。
いない…
えっ、いない?
半券があるとゆう事はいるはず。
場内信じられないとゆうざわめきが…。
西川さんも訳がわからない。
どうやら、そこの席の方は高齢者だったらしく、すでに退席した模様。

「えっ、帰ったの?そっか…。もう耐えられないと。こんなホットパンツはいた男はもう見たくないと」←的な、お嘆き(笑)

しかし、そんな方の半券をピンポイントで引いてしまう西川さんもある意味凄い

そして次に引いたのが
10列*番

車椅子の方でした。
ところがこの方について、離れたところから叫ぶ声が…。

「えっ!何?何を言ってるの?もう訳がわからない」西川さん困惑。

結局のところ、席を交換したらしく、本来10列*番の人は、今座っている人ではないと言う事らしい。

ぶっちゃけそんなんどうでもいいわ
座ってる人でいいじゃん。と思った自分。


西川さんもその車椅子の方に呼びかけた。
そして引いた曲は

魔弾

場内大拍手

昨日のサンリオピューロランドからすると4連チャン。


次、3列*番の方が引いた瞬間、回りのお客さんの異常なテンション

何?何?何引いたの?


2曲目は

レベル4

キターーー
\(≧∇≦)/


ありがとう!
3列*番の○子さん!
なんて素晴らしい選曲


盛上がり最高潮



汗だくでLIVE終了




LIVE終演を告げる場内アナウンスが流れ、退場する人や帰る準備をしている人がいる中、ほとんどの人が席を立たない。

数分後には、真っ暗になったステージに向け、手拍子と共にTAKANORIコールが起きる。

自分も取り敢えず便乗して手拍子を打つ。

暫く続くTAKANORIコール


 す る と

出て来てくれました
\(^▽^)/\(^ー^)/


このTAKANORIコールが恒例化しそうで、やな予感がすると苦笑いする西川さん。

そして、なんも考えずに出てきたと言う西川さんに消臭力コール。

「オリジナルでもなんでもないし」

そう言いながらもちゃんと応えてくれる優しい兄貴。

ツートーンほど下げて歌ってくれた



終了は21:00ぐらいだったかな?

3時間があっと言う間に過ぎた。
SUJに募金して帰宅。


暫く頭がもわんもわんしてた。

やっぱ、キャパに対する音響の大きさが合っていないと言うか、音がぶつかり合って、歌詞のクリアさに欠ける印象は残った。
バンド系のLIVE会場としては少々無理があったか…。

それでも、近くでアーティストと同じ空気を共有出来る体感は、何事にも代えがたい感動なのだ


こんな田舎を16年目のスタートに選んで頂けて、西川さんの胸にも、記念すべき16年目が『はにゅ~』だったと刻まれると思うと、なんだか嬉しいなー。

ほんとにありがとうございます

また会おうぜ!と言ってくれたけど……。



また来てくれるんかな?(ボソッ)





簡単レポじゃなくなっちゃったかな?(デヘッ)


お読み下さった皆様に良い事がありますように                     




LIVE IS POWER


タイトル画像

「T.M.R NEW YEAR PARTY'11」

2011.01.02(22:58) 622

1月2日
「T.M.R. NEW YEAR PARTY'11」
@日本武道館


いろいろ思う事はあるんだが、上手く整理出来ないから、簡単な感想を。



いつものごとく、グッズには並ばず、開場時間に武道館入り。

お琴や尺八やらのBGMが流れる中、長蛇の列のトイレを済ませ、狭い座席へ( ̄∀ ̄)

2階席ではあるが、なかなか近い距離。



1曲目から懐かしい曲
つーか、タイトル出てこない(笑)


まさか T.M.R-e の曲が聴けるとは……。
感激、感動、涙もん。
(≧ε≦)


さらに、キティちゃんらとタボくんに連れて来られたまさかの・・・
バニーBOY

そんな姿が似合っちゃうオッサンは西川さんしかおらん


長谷川さんの息子さんが観に来ていると言うのに、容赦ない下ネタの嵐。

柴崎さんのラーメン屋に入る桑田さんの全く違うモノマネが、ツボに入り過ぎてなかなか喋りに戻れない西川さん。


T.M.R.のRはR指定のRだったのか、と、うまい事言うIKUOさん。



新旧織り混ぜての曲が終了したところで、アンカバ2をみんなで作るカタチでやりたいと発言。


BGMがピューロランドとのコラボ企画の新曲TMRと思われる曲が流れはじめると、エンドロールに発表が。。。

ALBUMは3月9日発売。

ツアー日程が流れ終わった後に、“and more…”と。

えっ

それって追加公演やるよフラグ

今となってみれば、武道館が小さく感じるし、みんなが入れる大きなとこでやりたいと言ってたけど、そう言う事?

でも、東京ドームだけは止めて欲しい



今日のLIVEはさほどの疲労感はなかった。
3時間弱だったからか~、と納得


いやしかし、LIVEって、言葉に出来ない感動がたくさんあるよね

だからまた会いたいと思うんだ



明日は戦国BASARA祭で再び武道館ダス♪\(^▽^;)/



また会えちゃうじゃん




LIVE IS POWER


タイトル画像

3/20 幕張メッセ

2010.03.21(17:00) 530

【abingdon boys school JAPAN TOUR 2010 FINAL】 3/20 @幕張メッセイベントホール



2階 Kブロック 1列



2階席でも最前列だから視界良好ではあるものの、Kブロックはステージからかなり遠いため、肉眼派には表情まで伺い知ることは出来なかった…

メッセはスクリーンがないからね‥





強風のため、電車が遅れた影響で、LIVEも30分押しでSTART



本日は撮影用のが設置され、DVD化期待大です





いつもの円陣を組み、気合い入れでLIVEが始まった





西川さんは赤を基調とし、他のメンバーは黒を基調とする衣装。

タータン・チェックのスカートがポイントで、西川さんはキュートで似合いすぎだが、他のメンバーはスカート要らなくない?・・・

西川基準の衣装はSUNAOさんには辛過ぎ





セトリは、ALBUM中心。





サプライズはドレスの時に起きた。



ドレスを歌う西川さんにうっとりしていると、途中から西川さんの声じゃない声が・・・



えっ...まさか...



 えぇっーーー



  マ ジ



ご本家登場





思わず口を手で押さえ、感激でしばし動きが止まる自分。。。o(゜ο゜)o



なんと、BUCK-TICKの櫻井さんが歌いに来てくれた(≧▽≦)



会場はどよめき、大歓声で大盛り上がり?(*^▽^*)/



まさかまさかのサプライズ





ドレス1曲だけのために・・・



いや、曲の途中からだから、厳密には1曲フルじゃないけど、a.b.s.のLIVEのために歌いに来てくれるなんて・・・(号泣)



本家生ドレスが聴けるなんて嬉し過ぎだよ?



西川さんがアーティストの方々に慕われてる理由がここでも証明された瞬間



しかも、櫻井さんは歌い終わると、まだ演奏終わってないのに、お辞儀をして去って行った。



紹介もMCもなく…

櫻井さんらしいね‥



サプライズ過ぎて、心臓バクバクでした





MCは、毎回楽しませて貰ってますが、SUNAOさんに対するドSな態度も相変わらず



ALBUMに参加したラップグループさんの登場や魔王さん(←櫻井さんの事)達の事に触れ、そうした支えてくれる人達がいて、こうして、ここ(各LIVE会場)に来てくれるみんなのおかげで、ステージに立っていられる。

感謝の気持ちを何度も発する西川さん。

最後の声は感極まってたし…





今後もイベントとかやりそうな発言もありました?。





そして‘友人に捧げます’と、黒夢の少年をカバー。



ここでも、西川歌唱力の凄さを再確認。

どんな曲も持ち歌のように歌いこなす彼の歌声は、ホントに凄い

TVなんかじゃ体感出来ない素晴らしさ。



《ぶっちゃけ、歌詞は聞き取り難くかったが…。まぁ、これはメッセの会場の音響も決して良いとは言えませんから、仕方ないです。

MCも所々聞き取りずらかったし







ラストはやっぱり



  アテナ





最後は



イナズマで逢おう

今年もやります



その言葉に歓喜の雄叫び





《まぁ、自分は遠征など無理だから行けませんが。。。





a.b.s.は個々の技術力が高いから、アレンジも良くて、3時間が凄く早く感じた



お疲れ様でした

そしてありがとー









帰りも京葉線は遅延状態の上、超?SLOW運転

なんとか終電までには帰宅出来たので、LIVEの余韻は消えずに済みました(苦笑)










LIVE IS POWER


タイトル画像

1/1 元旦LIVE

2010.01.02(23:00) 488

【T.M.R. NEW YEAR PARTY '10 LIVE REVOLUTION】 @日本武道館



元旦からLIVEって楽しいね(笑)





1階東スタンド

2列目30番台



ここね?。近いよ

距離的にはアリーナより近い。

端だから、横から見る感じだけど





場内暗転し、ステージバックには、『元旦公演』『謹賀新年』の垂れ幕が降りた

大拍手の中、上段にスポットライトがあたると、そこには、和服にファーマフラーをまとった西川さんが正座で頭を垂れている…



その前にはしっかりマイクが置かれ、新年のごあいさつの口上が始まった。

まるで歌舞伎の初日舞台挨拶だわよ。(^^ゞ



隅から隅までずずずぃーと、お正月ならではの感じで始まった





和服を脱ぎ捨てると、いつものニーハイブーツに太もも露わなキュートな男子(笑)



T.M.R.西川さんならではの衣装



曲は、シングル曲を発売順にこなしていく。

もちろん全曲アレンジされて・・・



後ろのスクリーンには、歌っているシングル曲のPVが流れているから、懐かしく思いながらも、本人重視(そりゃね)





今日は、サポメンさん達にもマイクが行き、柴崎さんは相変わらずグダグダ(笑)



長谷川さん、良いこと言います。

「?省略?。40過ぎたら、このLIVEはキツイ。やらないよ、普通。25年もドラマーやってたら、断るよ。でも、(T.M.R.を)支えるよ



『ヒュー



長谷川さん、超?かっこいい。笑いのツボも抑えてて、ベテランならではのご挨拶。



IKUOさんがあんなに喋ったのも、元旦だから?



SUNAOさんは、いつもの感じです(←どないやねん)



アンコールでは、ガンダム30周年のテーマソングをT.M.R.が担当する事に決まったらしく、その曲を披露?(*^^*)/

T.M.R.らしくないようなあるような…

映画の挿入歌っぽい感じですかね?

歌詞はガンダムの戦いを意識してる気がしましたが…。



そして、戦国BASARA3のテーマソング



聴き込むとハマるかもね。

自分の中では‘crosswise'に勝ててないけど(苦笑)





こっち来て歌ってくれた時はヤバかった



超?、肌キレイ

《いつも思うけど》

もぅね、腕振り上げながら、全身シッカリ見ましたよ



生肌萌え?

スベスベ、しろしろ?

吸い込まれるぅ・・・



《ずっと見ていたい







T.M.R.の曲は盛り上がる曲が多いから、体がしんどい程楽しいんだけど、もう終わり?って感じで、すごく早く感じた。

3時間位やってたはずなのに。。。



やっぱり、昔からのファンからしたら、いくらアレンジされてるとは言え、シングル曲だけってのは物足りない感があるんですかね。。。





でも、元旦から大好き人に会えるって、最高の年明けですよねぇ?



来年もあるんでしょう?か?



12/31・1/1 連続LIVEお疲れ様でした



久々に筋肉痛を体感しております(笑)










LIVE IS POWER


T.M.R./a.b.s
  1. 『T.M.R. LIVE REVOLUTION 』(01/04)
  2. 『T.M.R. LIVE REVOLUTION '』 両国国技館(08/22)
  3. 『T.M.R.LIVE REVOLUTION 』(06/17)
  4. 【UNDER:COVER 2】(02/28)
  5. 『T.M.R.NYP12』(01/03)
  6. T.M.R.国技館LIVE♪(08/11)
  7. 「-CLOUD NINE-」@羽生(05/15)
  8. 「T.M.R NEW YEAR PARTY'11」(01/02)
  9. 3/20 幕張メッセ(03/21)
  10. 1/1 元旦LIVE(01/02)
次のページ
次のページ