タイトル画像

『Fan Club Under World5』

2016.10.27(20:55) 912

FC会員でしか手に入らないFANCLUB限定LIVEの映像化。
レアな音源ありの貴重な1枚。
FirstALBUMの『ロマンチスト・エゴイスト』を、曲順にまるまるLIVEにしてあります。
これは、ポルノグラフィティの曲をデビューから知ってるファンが喜ぶLIVE映像ですね。

Disc2は、4人のインタビュー。

レビューしたところで、FC会員しか購入できないので、多くは書けませんね(;^ω^)



行けなかったLIVEなので、興味深く観ました。

通常LIVEでは絶対やらない曲があったり、昭仁さんがやる事を晴一さんがしたりと、限定イベントならではの嬉しい演出。
ライブハウスだから近かっただろうなー。
FC限定なので、内容は書けません(´艸`*)

行きたくても行けなかったイベントを映像化してくれた事に感謝です!!



にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへ
にほんブログ村





LIVE IS POWER


タイトル画像

『横浜ロマンスポルノ’16~THE WAY~』

2016.09.04(21:48) 910

『横浜ロマンスポルノ’16~THE WAY~』
2016.9.3(土) @横浜スタジアム

アリーナ 44列 100番台

9/3,4の2日間行われた2年ぶりの野外LIVE。
9/3のみ参戦して来ました。

台風12号が九州に近づいているこの日は、朝から晴れていて、とても暑かった。
しかしながら、天気予報は夕方から雨と言っている。
何とかもって欲しいと願いつつも、雨具の用意は必須です。

スタジアム着いても日差しが強くて、アリーナ席は日影がなく、体力消耗してしまうので、開演まじかまで、上で待機。
開演20分前くらいにアリーナ向かうと、恒例の開演前客席ウォッチング無茶ぶりコーナーが始まってました。

各座席には≪シンクロライト≫なるものが置かれていて、公演中は手にはめて、常にスイッチを「ON」にしてください、とのお願い事がありました。その≪シンクロライト≫は楕円形のものと四角いものと、2種類あり、私達の座席に置かれていたのは四角い方でした。楕円形の方が可愛かったので、そっちの方が良かったねー、と話してたのですが、何故2種類だったのか、その意味はLIVE終盤で判明しました。

開演時間が迫ってきてる時の事、空にはきれいな虹がかかってました。
そして、その虹は段々色鮮やかになり、更には、二重の虹となって、夕方の空を彩ってくれました。

“すごい綺麗!” (*''▽'')

ん? 待てよ。虹が出てるってことは、確実にどこかでは大雨降ったって事よね?
まだ降っていないスタジアムは、もしかして、これから降るかもしれないって事?

って思っていたら、どんどん雲行きが怪しくなり、LIVEの開演を待っていたかのように、雨が降り始めました。
マジかぁ……。
その雨は小降りなったり、強くなったりを繰り返し、合羽を脱げない状態となってしまいました。

おふたりの登場は、メーンステージではなく、センターに設けられた特設ステージ。しかも、アリーナゲート口?、1塁側と3塁側のベンチ側から客席を歩きながら特設ステージに上がるという、嬉しい登場。
残念ながら、通路側ではなかったので、肉眼で観ることは出来ませんでしたけど。

“雨になんか負けません!”

昭仁さんの一言でLIVE開始。
なんと、アコースティックVer.からのハネウマライダー。
横浜にちなんで、横浜リリー、サウダージ。
雨だけど、まだ夏だから、夏だよね? ってことで夏らしい曲、NaNaNaサマーガール。
アゲハ蝶。
特設ステージでは、すべてアコースティックアレンジでした。

ただ、アコースティック演奏のため、手拍子がよく響くのですが、スタジアムの形状なので、手拍子音が微妙のタイムラグとなってしまって、ちょっと調子が狂うのが気になりました。

そして、メーンステージに移動してからの熱いLIVE。

晴一さん:リハーサルでは晴れてて、予報が雨だったから、晴れてるーと思ってたら、本番に降って来きたね。もし雨が降ってきたら、そこ(特設ステージ)に屋根つけるって言ってたけど、、、、なかったね(笑)

昭仁さん:今まで晴れてて、リハーサルで(肌が)焼けたのよ。(雨が降って来たことに)なんなんだろうね。ほんとに。
チクショー!!!!

って。ww

“この場所(横浜スタジアム)で、どうしても言っておきたい事があるんです。 ---広島が強いね!--  ”

と野球ネタがしばし続く(^▽^;)
本拠地でカープグッズを販売させてくれるDeNAさんは心が広いってフォローも(;^ω^)


懐かしい曲、久しぶりの曲、最新の曲、アレンジした曲。
大好きな曲が続く\(^o^)/(^o^)/

EXIT
♪地上では強い雨降りだしてきたんだろう・・・・・

愛が呼ぶほうへ
♪償う人の背に降り続く雨・・・・・

この雨の日に、この歌詞は沁みるわ~。

My wedding song のアニメーションと歌詞には思わずウルっと。。。
結婚式に流したら、絶対泣く。号泣するわ。

雨のLIVEとなってしまい、寒くない? って、何度もみんなの身体の心配をしてくれましたが、演奏する側だって苦労しますよね。
2度目に特設ステージに移動した時は、晴一さんのギターがなかなか届かず、その間、手持無沙汰な晴一さんはエアーギターを披露ww 
エアーだから、ギターを上に投げて取ってから弾くという荒技も(笑).
恐らくスタッフさんも調整に時間がかかってしまったのでしょうね。機材は雨に弱いですから。
黒のライダースに着替えたおふたり。

曲に合わせて衣装も変えてきまして、衣替えして来ました。(爆笑ーーー)

衣替えじゃないわ! 衣替えって…。

昭仁さん、自分の言い間違えに、大きく失笑(;^ω^)

アコースティックでロックにアレンジされた、ヒトリノ夜、Mugen
素敵。

曲の間にライダースを脱ごうとするのですが、濡れて肌に張り付いて、なかなか脱げない姿がお茶目で微笑ましかったな(*´▽`*)

Oh!!!HANABIでは花火が打ち上がり、タオル回しで大盛り上がり!!

昭仁さんのボーカルスキルの高さと、全力で表現するパフォーマンスは、毎回感動と勇気を与えてくれます。
多くのミュージシャンの方々が観に来られるのがほんと、よくわかります。
   
  スガシカオさんは、ライヴTシャツ着てました(ってか、置いてあったので着たってつぶやいてましたがww)


曲に合わせて色が変化し、光を放つ≪シンクロライト≫によって、スタジアム全体が幻想的空間に。
とても感動的でした。

『THE DAY』の曲が終わった後の事。
上空を飛んでいたドローン(?)が巨大スクリーンに映し出した映像は、アリーナ席が放つ≪シンクロライト≫の光。そこにはツアータイトルの 『THE WAY』 の文字がはっきりと浮かび上がっていました。
そうなんです。四角いシンクロライトは 『THE WAY』 の文字を作るために用意されたものだったのです。
四角いシンクロライトのみが作り出す光文字。
他の席の方と交換されないようにとの注意事項は、こういった意図があったのですね。
その文字の中の一部分に自分も参加しているのかと思うと、感無量です。本当に素敵な思い出が出来ました。




アンコールでは、まさかの新曲!!!
どこにも情報解禁出てなかったはずなので、ビックリ!
新曲出るの? やっちゃっていいの? 的な。
出来たてホヤホヤの新曲は、アップテンポのめちゃくちゃカッコいい曲。タイアップの情報もないので(9/3現在)、通常のシングル曲だと思われるのですが、一番最初に聴けたって事が幸せだ!!!!


全曲終わり、サポートメンバーと一緒に手を繋ぎ、お辞儀をして終了。

かと思ったら、後ろの方にはまだ行ってなかったからと、バックの大きな特設ステージに移動するおふたり。

もう1曲やりまーす! 
と言って、サポートメンバーのみなさん、準備はよろしいですか?
と最後に16年前に作った『ダイアリー00/08/26』の曲で終了しました。


最後のマイクなしの生声

  晴一さん : かぜひくなよー!

  昭仁さん : 愛してるよー!

(´艸`*)(≧▽≦)


LIVE終了直後には一旦強くなった雨も、段々弱まり、ほとんど止んできました。
LIVE 直前まで晴れ、LIVE中ずっと雨、終演後に止む。

ほんとに何なんだ⁉

2008年の豪雨と雷の伝説のLIVEからすれば大した事はないのかも知れないけど、やっぱり雨は辛いわ~。
さわやかな風と共に夕日が沈む光景を体感したかったけど、無情雨に打ち砕かれてしまった。。。。
けど、間違いなく忘れられないLIVE になりました!!

大きなラスト花火もきれいでした(*''▽'')

ほんとにお疲れ様でした!

翌日9/4は晴れたね。
良かった!
2日間雨じゃ酷過ぎるもの。


そしてこの模様は 10/29(土) 夜6:00から WOWOWで放送が決定しています!
収録日は9/4の日らしいですけど、9/3の日の映像もちょこっとでいいので、放送してくれませんかね?(^-^;
けど、すごく楽しみ~♪
ちなみに前日の 10/28(金) 夜7:00から 『The dice are cast』が放送される予定らしいです。
2夜連続ポルノLIVEって事ですね☆







にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへ
にほんブログ村





LIVE IS POWER


タイトル画像

舞台『Vamp Bamboo Burn~ヴァン!バン!バーン!』

2016.08.25(21:10) 909

8/24(水)
SHINKANSEN☆RX
舞台『Vamp Bamboo Burn~ヴァン!バン!バーン!』
@赤坂アクトシアター
1階 W列 *番

作:宮藤官九郎
演出:いのうえひでのり

≪主な出演者≫
生田斗真、小池栄子、中村倫也、神山智洋、篠井英介、橋本じゅん、高田聖子、粟根まこと 他多数

劇団☆新感線公演は10年振りで3作目となる、生田斗真さん。
宮藤官九郎さんといのうえひでのりさんに、事あるごとに、いつ書いてくれるんですか?とせがみ続け、気が付けば10年。
やっと念願の主演作品に出演となったそうです。

ざっくり言うと、平安時代に吸血鬼となった貴族が、ヴィジュアル系バンドのヴォーカルとなって、現代に蘇り、恋人だったかぐや姫の生まれ変わりを探す、って話。

新感線の舞台は、面白いとは聞いていましたが、面白さのジャンルもレベルが違います(^▽^;)
クドカンのパロディぶりは半端ないわー。
そこまでやってしまっていいの? ってくらい、思い切ってます。

ハチャメチャなんだけど、そこはクドカンの魔力?なのか、不快さは全く感じなかった。
まるでとっても長ーいコントを観ているようです。

2幕の始めには、客席と一緒に振付付きで歌い踊る演出まで用意されてて、身体までほぐしてくれます(^o^)丿

面白いばかりではありません。
殺陣のシーンは迫力あるし、TETSUさん振付のダンスもかっこいい!!

なんと言っても、斗真さんが、歌ってる!!踊ってる!!\(^o^)/\(^o^)/
和装もヴィジュアル系ロック衣装も似合うーーーー!
シェークスピアも出来ちゃうくらいだから、長セリフもスムーズなのですよ。

出演者の皆さんがほんとに個性的で憎めない人達ばかり。
小池栄子さんは、ドラマでの演技しか観たことがなかったですが、彼女は舞台でも素晴らしいですね。セリフも声しっかりしていて、体当たり演技が気持ちいいです。

新感線の舞台はこんな感じなんだと、肌で感じる事が出来ました。
舞台を楽しんでいるのが伝わってきますし、照明や映像の演出も斬新です。
斗真さんが、一度でいいから、この作品を客席から観てみたい、と言っていた意味が良く分かりました。

とにかく面白いです♪
「パロディ絶対許さん!」 って方はどう感じるかわかりませんが。。。(*´з`)



シリアス、コメディ、無表情、刑事、時代劇・・・・、いろんな役をこなしてしまう斗真さんですが、次の映画では、性別適合手術を受けたトランスジェンダーのリンコを演じるそうです。
難しい役どころですよね。観に行きたいな。




にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへ
にほんブログ村





LIVE IS POWER


タイトル画像

映画 『秘密』

2016.08.22(20:05) 908

8/21(日)
生田斗真さん主演 映画 『秘密 THE TOP SECRET』
観てきました。

前日の国技館で、多少の筋肉痛と、遅い帰宅時間で、1回目の上映時間ギリギリだったから、すでに館内真っ暗(;・∀・)

RG12作品なので、ちょっと自分、大丈夫かな? (十分大人ですけどもw)
と思いつつ、斗真さん主演で、恋愛映画ではないので、やはり映画館で観るべきだと思って。

グロい系が苦手な自分は、やはり、脳を**するシーンは、グェッってなりましたね…。
でも、そんなシーンばかりではないので、なんとか最後まで目を背けずに観ることが出来ました。

死者の脳を開いて、見たものや空想した事の記憶を映像化し、犯罪の真実を明らかにする。

原作を読んでいないし、アニメもちゃんと観てなかったから、原作とのギャップとかは全く分からないけど、創り急いだ感じがして、展開が読めないとことかありましたね。それぞれの人物像の経緯が疑問符的な……。
切ないエピローグではあるけど、感動して涙・・・とはなりませんでした。

斗真さん主演でいえば、『予告犯』の方が切なくて感動しましたね。

この作品は前・後編とか2部作にした方が、原作知らないひとには理解できたのではないのかなー?
あー、でも耐えられないかぁ? 眉間にしわ寄っちゃうね、きっと(=_=)

予告では岡田将生さんと3人が主なのかなーって思ってたけど、思いのほか、松坂桃季さんのシーンが少なかったですね。

とは言え、やはり巨大スクリーンでの生田さんは素敵ですわ。
スーツですし( *´艸`)


次は生田斗真さんの舞台観劇です。
ナマ斗真さんです。
楽しみですねー、ヴァンパイアビジュアル系ロックボーカリスト。


現在台風の被害も深刻ですが、舞台開演に支障は出ていなのでしょうか?
皆さん無事に観劇出来ているのでしょうか。
どうか全公演楽しめますように!(>_<)





にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへ
にほんブログ村






LIVE IS POWER


タイトル画像

『T.M.R. LIVE REVOLUTION '』 両国国技館

2016.08.22(19:27) 907

『T.M.R. LIVE REVOLUTION '16 -Route 20-』
8/20(土) @両国国技館
枡席 西 15側 **枡 *番

ツアー折り返し25本目。

この日は、台風の影響で朝から豪雨。不安定なお天気の中、夕方にはどんより空ではありましたが、傘が必要ないくらいに回復しました。
晴れ男の威力は健在です。さすがに3個もの台風が相手では、雨を止ませるまでが限界だったようですが・・・(^-^;

国技館に入った事がある人はご存知かと思いますが、2階の枡席は4席づつ(前後左右)でパイプの柵で仕切られているお座敷席です。4人が知り合いや家族ではない限り、同じ柵に他人同士が座る事になります。
なので、簡単なご挨拶をしてから座りました。
と言っても、座っているのは開演前だけで、ほとんどオールスタンディングですけどね。
お座敷なのにオールスタンディング(^▽^;)

今回のツアーは震災を考慮して始まったツアーなので、国技館だからと言って、特別なステージセットはほとんどありません。
派手な演出もないけど、そんなの全く関係ないし、気にもなりませんでした。

“ここにあるものは、楽器を持った汗をかいた男達です”

十分です!!

台風が同時に3個も来ていることに触れ、父方の祖父母、母方の祖父さんがまとめて来てくれた、と話す。孫の事がさぞかし心配なんでしょう、と。

途中で雨の落ちる雫の効果音が聞こえてくると、“これ、雨漏りじゃないですよ” って。。。(^▽^;)

“死んだじいちゃんの誕生日が、いや誕生日じゃなくて、葬式だよ。その日もすげー雨だったんで、この場所にも来てくれたのでしょう。でもまさか、父方のじいちゃんとばあちゃんも連れてくるとは”   的な事を言ってました。


この日はとにかく蒸し暑かった。冷房の涼しさはほとんど感じられず、汗が止まらなかったです。


“台風が来てるから、湿気がすごいよ。しかもこれ(袖がないもこもこした上着)が、ものすごく暑い! 脱ぎたい!”

“脱いでー!!!”

“俺にも脱ぐタイミングってもんがあるの!”

それでも続く “脱いで” コールに、渋々1枚脱ぎました(#^.^#)
自分のタイミングで脱げなかった事に不満を漏らしていたので、脱いだ衣装を持ち去る事を躊躇していたスタッフさんが、西川さんに “早く持ってけ!” って言われ、かなり早いスピードで持ち去った姿がちょっと微笑ましかったなー。


そして、iPhoneで自分の曲のイントロを流し、お客さんに歌わせるって言うイントロコーナーww

歌わせるって言うか、自然にみんなが歌い始めてるんですけどね。
これがまた楽しいの(^^♪

“これで、こんな盛り上がるなら、これでいいんじゃない? ケータイ1台でツアーできるじゃない? このくだり嫌いじゃない”

はい、嫌いじゃないです。

今回も募金活動のお手伝いをしてくれてるマスコットを紹介。
この日は『ソラカラちゃん』の登場。
簡単な紹介の後、右の方(会場の)にも手を振ってあげて。左の方にもね。真ん中もね。そして僕も見て。見つめ合うふたりww

動きが機敏なことに、さすが東京は違うねー。って、しきりに感心してました。


LIVE ができる環境に感謝の言葉を何度も言い、限界のその先を行くのだと叫ぶ。

演奏が終了し、サポートメンバーがはける時、四股を踏もうとしたのですが、4人がバラバラで、うまく決まらないまま、股を開いたまま、カニさん歩きで下がってしまいました。
ヨイショー! と掛け声をかける準備は出来ていたのですが(笑)、タイミングがなかったです(´▽`*)

その姿を見守る西川さん。

“やるなら、練習しろ!!” と暖かく叱咤激励ヽ(^o^)丿

“また会おうぜー!!”

約束の言葉で終演しました。

バラード曲が少ないので、毎回ほんとに激しくて、暑くて、熱い!!
そして公演毎に変わるMCの達人w
頭の回転が速い人だよね。ずっとそう思ってますが。


本当にお疲れさまでした!
そして、まだまだ続くツアーですが、すべての公演が無事に行われますよう、心から願っています。







≪ひとこと≫

私たちの隣の枡席の女子ふたり。
長いイエロー髪をツインテールにしていました。
その長髪ツインテールのまま、飛び跳ねるわ、ヘドバンするわで、髪が体に当たるし、前の人達の頭まで直撃。
最後にはパイプの柵に乗って、逆隣の枡席に落ちてました。

応援する気持ちは同じだし、飛び跳ねようが、ヘドバンしようが、規制がないので自由です。
ですが、夢中になりながらも、他人に迷惑をかけている事に気づくべきです。
前の人はあからさまに不快な顔しながら、振り向きました。

すぐ隣にいた娘は、LIVEの楽しみを邪魔され、集中出来ませんでしたよ。
席を変わってあげようとしたのですが、私の楽しみまで奪ってしまうのは申し訳ないと思ったのでしょうね。極力距離をとり、最後まで我慢してました。
あの大音響のなかで、彼女たちに声をかけて注意を促したところで、聞き取り辛かったでしょうし、楽しんでるところに水を差すのも本意ではありません。
彼女たちは毎回その応援スタイルなのでしょうか? 初参戦でない事は見てわかります。
髪を振り乱したいなら、せめて長い髪をもう少し短く束ねて欲しかったですね。

いろんな人がいて、いろんな考え方、捉え方があると思いますが、楽しいはずのLIVEが、ほんの一部の人の行動で不快な思いをしてしまうのは非常に残念です。
でも、きっとゼロにするのは不可能でしょうね。
対処法を見つけた方がいいかも知れません。
そして、自分の行動も他人に迷惑をかけていないか気を付けないとですね。

長いひとこと(もはやひとことではないですね…^^;)になってしまいましたが、ちょっと、憤りが収まらなかったので。







にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへ
にほんブログ村




LIVE IS POWER


タイトル画像

『ドラゴンクエストライブスペクタルツアー』

2016.07.23(22:05) 906

『ドラゴンクエスト ライブスペクタルツアー』
@さいたまスーパーアリーナ
7/23(土) 昼の部

200レベル 18列


ドラクエのゲームもやらない自分が、ビジュアルに惹かれ、風間俊介さん出演と聞いて、即チケット購入。
初日が明けた2日目に観劇しました。

男性同士、女性同士、家族、親子、老若男女が集ったさいたまスーパーアリーナ。
さいたま新都心は人で溢れかえり、物販にも長蛇の列が出来てました。

電車が遅延していたため、ギリギリで席に着くとすぐに開演。



少々ネタばれあり






















センターステージ。
客席(アリーナ)までがまるで冒険島で、攻撃シーンは、巨大カーテンに映し出される映像と、円柱可動式で表現されていました。
360度、どこにいても見えたと思いますが、勇者達と敵や村人達があちこちにいるので、どこ見ていいのか、かなり目が忙しかったです(^▽^;)

ゲームをしない私でも十分楽しめましたよ。もちろん、ゲーム音楽は何度も聴いたので、全くドラクエの世界を知らないわけではないですが、キャラクターとか、アイテムとか、ほとんど知りませんけど、客席を巻き込んでの演出は、思わず笑みがこぼれます。

中川翔子さんは、舞台慣れしていない感があって、戦うシーンのキレはなかったですけど、可愛かったし、セリフは聞き取りやすくてさすがでした。

風間さんは、剣術もセリフも自然で、安心して観ていられました。いつもより声のトーンを下げていたので、最初のセリフを発した時は、おお、男らしい、って思っちゃいました(#^.^#)

ポールダンスや、EndressSHOCKでも観るお馴染みの幅広紐の演技とか、宙刷り移動、客席に置かれたアイテム等々、スーパーアリーナ内が冒険島のようでした。

最後には、プロ並みのアマチュアの方々のパフォーマンスもあり、ドラクエの音楽の素晴らしさを再確認した想いです。

激しいダンスや、歌唱があるわけではないので、ミュージカルが好きな私にとっては、物足りなさは残ります。
いやいや、これはスペクタルツアーだよ! ミュージカル感は捨てなさーい!(´∀`σ)σ

初日明けたばかりだったので、お客さんのノリが戸惑ってる感じもありましたけど、楽しかったですよ、ほんと。
大人だけでなく、夏休みなので、ぜひ家族でも観に行って欲しいです。


それにしても、やっぱ、さいたまスーパーアリーナは広いな。。。。。






にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへ
にほんブログ村




LIVE IS POWER


タイトル画像

『T.M.R.LIVE REVOLUTION 』

2016.06.17(21:43) 905

『T.M.R.LIVE REVOLUTION '16 -Route 20-』
6/15(水)
川口総合文化センター リリア・メインホール

1階17列

2016年の全国ツアー11本目!行って来ました!

リリアって3階まであるのねー。お初です。

会場入りの時、皆さん結構のんびりな感じでして。。。。。
スタッフさんがギリギリになって「急いで下さ~い!」とかさ。入り口をもっと開放すればいいのに。
席に着くと、間もなく開演になりました。

ものすごい歓声とともに、のっけから熱いLIVEの開幕です。



少々ネタバレあり















今回のツアーは、照明と最小限のセットのみ。5年前もそうでしたが、震災を考慮しての事。
T.M.R.のLIVEは、派手なセットとかなくても、西川さんの歌唱力とサポートメンバーの演奏だけで十分な気がします。だって、西川さんを集中して観ていられますもん( *´艸`)
そりゃ、もちろん、凝った派手なステージセットも魅力的ですが。

ノンストップ→MC→ノンストップ→MC のサイクルで身体がフル稼働ー。
“和” を取り入れたイントロ。西川さんがあるものを叩いてるのにはビックリ。サポメンさんも担当以外の楽器での演奏で・・・。
かっこよかったーー!
ほとんどの楽曲がライヴバージョンにアレンジされてて、戸惑う曲もありましたけど、そこがLIVEの醍醐味でもあります。


間のMCは、相変わらず長い(^▽^;)
記憶が曖昧ですが、ほんの一部を。



≫15周年のツアー、川口で始まるはずだった。(震災のため延期)
 そして、20周年のツアー、震災の中でまた川口でのLIVE。感慨深い。

≫狭いです(会場が)。その手の届きそうな感じがいい。

≫20年も連れ添った方々は膝にきてるだろうから、椅子のある会場を用意しました(-∀-)

≫神戸LIVEが終わった翌日、新幹線で移動した西川さん。品川で凄い髪色のおばさんが、お付の方達の囲まれながら歩いていて、何か新興宗教の団体かと思ったら、アルフィーの高見沢さんだったww 
おばさんじゃなくて、おじさんでした。

アルフィーも大阪でLIVEだったらしいのですが、なんのLIVEだったか(ツアーなのかイベント的なものなのか)、何を聞いても“フェス!”しか言わない高見沢さんに、なんのフェスか言えよ!とキレ気味だった西川さん。どうやら大阪フェスティバルホールのフェスのことだったらしい。
高見沢さん、略し過ぎだわ。

MC途中で IKUOさん のイヤモ二が壊れまして、西川さんが間を持たせていたのですが、ご自分のiPhoneに入ってる曲を流し、マイクで聞かせてくれる西川さん。客席が大合唱始めると曲を止めたり、イントロが終わり、皆さんが歌おうとすると、曲を止めるという、やり取りがしばし続く羽目に・・・(^▽^;) 相変わらずのドSっぷり。

 “何勝手盛り上がってんの?こっちが楽しいんで、それをあなた達が答えるんでしょ!”と今度は先生になるww 


≫15周年のツアーの時も、今回も、何の因果か九州で大きな地震があって、今も熊本の使わせてもらうところ(LIVE会場として)は改修工事の最中で、不安な中、こうやってツアーを回らせてもらってるからこそ、皆の想いを繋げていけるよう、募金活動も続けています。

で、ここで募金活動をしている埼玉県のマスコットである『コバトンとさいたまっち』の登場。
2人…、いや2体? (西川さんは2組って言い方してた)の説明が始まる。
『コバトン』は知ってるけど、『さいたまっち』は知らなかったなー。覚えておこう。


≫今、東京はエライ事ですよ。(都知事問題) 選挙になると凄くお金がかかる。その血税を熊本に持って行け!って話ですよ。
 埼玉だからどーでもいいと思ってるでしょ? 
 誰か良い人いないの~。  (貴教ー! の声が)
 これだとちゃん西って流れになるじゃん?

その後だったかな~?西川さんが自ら「総理と呼ばないで~」って言うもんだから、しばらく総理コールが起こってた。

≫この会場は初めてライヴレコーディングをした会場。それから年月が流れ、その時の景色と今の景色は同じようで全然違う。
今のほうが全然いい!
今の俺を作ったのはお前らだから。←何度か繰り返す。
だから歌えー!!


最後に

  “かわぐちーーー!!”
  “また会おうぜーーー!!”

の言葉で熱い熱いLIVEは終了しました!


サポートメンバーがはける時、全員で手をつなぎ、ウェーブをしながら消えていくと、そのぎこちなさに、“こんな硬い関節の人たち初めて見たよ”と失笑。

おしり‘フリフリ’のおちゃめな西川さん。ムキムキ上半身の生身をさらけ出す西川さん。
ほぼアップテンポの楽曲ばかりなのに、全く最後まで変わらない声量の凄さ。
T.M.R.のLIVEを初めて観た人も、彼のステージ上でのパワーパフォーマンスに、想像以上の驚きだったのではないでしょうか。


ツアーはまだまだ続きます。

私の次回参戦予定は両国国技館。
楽しみです(o‘∀‘o)*:◦♪




にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへ
にほんブログ村





LIVE IS POWER


タイトル画像

『主よ、永遠の休息を』

2016.05.26(20:59) 904

なんとも胸が苦しくなる小説だろう。
途中で気分がおかしくなる。グロテスク的なことではなく、人間の心情として、後味が悪く、とても悲しく切なく、そして怒りが込み上げる。

娘を思う父親の気持ちには共感できる部分もあるし、通信社の記者の捜査行動も面白い。しかし、題材が少女誘拐殺人に秘められた、狂ったおぞましい事件なので、苦痛で仕方なかった。

誉田氏はどんな気持ちでこの小説を書き上げたのだろう。

通信社の記者が、この事件を書いたかどうかは明らかになってないが、記事にしたとしたら、タイトルが『主よ、永遠の休息を』となったのだろうか?




にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
にほんブログ村





LIVE IS POWER


タイトル画像

『THE CIRCUS!』

2016.05.22(20:03) 903

5/21(土)
『THE CIRCUS!』
@よみうり大手町ホール

企画・構成・演出・振付:TETSUHARU
主演:屋良朝幸
出演:平方元基、植原卓也 、 越岡裕貴(ふぉ~ゆ~)、蒼乃夕妃、石井一彰、高橋駿一(PADMA)、菜々香、矢田悠祐、松村雄基 、 栗山絵美、岡本麻海、SHUTO、末廣昇、SUZUKiYURi、松野咲紀

オリジナルミュージカル『THE CIRCUS!』

今回も4列目の良席。
屋良さん主演舞台の私の前席率の高さは何なんでしょうか(´▽`*)
有り難い事ですわ。

TETSUHARUさんのオリジナルミュージカルと言う事で、迫力のダンスシーンの連続。
当初は歌とダンスのみの表現で繋ぐ作品を考えていた言うだけあって、場面ごとのダンスがセリフがなくても情景がわかり、役者の皆さんの身体の動きに鳥肌が立ちました!!
ダンス好きの私にとっては興奮の連続。
しかも、近距離で汗まで見えるんですもの。ニヤケちゃいますよ( *´艸`)

遠くでは見えにくい、衣装の細かな部分とか、小声で話してる口元、表情、体型、、、、などなど、近距離ならではの醍醐味を味わえました。

笑いもちゃんとあって、ダンスも音楽もカッコよくて、歌唱力もすごい!
屋良さんのマトリックス実演かと思わせる振付の柔軟性の素晴らしさ!
一緒に手拍子するのがほんと楽しくて、カンパニーの皆さんの素敵な笑顔が忘れられません(♡´ ˘ `♡)

続編があるの? って思わせるエンディング。
あったらいいなー。

舞台は6月まで続きますが、すでに次の屋良さん主演舞台が11月に決まっております。
行けますよーに!!


次の舞台観劇は、生田斗真さん主演作品です。
楽しみ~♪(*^▽^*)




にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへ
にほんブログ村




LIVE IS POWER


タイトル画像

薬また薬

2016.05.14(10:34) 902

桜もすっかり葉桜となり、気づけば4月が去り、ゴールデンウィークも終わり(管理人はカレンダー通りですが)、義父の49日法要も無事に済み、また通常の治療生活に戻る。

と、思っていたのだが・・・・・。

治療の為に服用している薬。その薬の副作用により、自分の身体に異変が起きる。
そしてその副作用の治療の為、更に薬が処方される羽目に・・・・・。
何という悪循環・・・・・。

最近また皮膚の引き攣れ、筋肉の痛み、のぼせ、時々起こる軽いめまい・・・・こんなの嫌だよ。

食事に気をつけ、そこそこ頑張ってるつもりなのに、身体の不調はなかなか良くならない。


大丈夫かな、自分・・・。





にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
にほんブログ村





LIVE IS POWER


◆ 日記 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
  1. 『Fan Club Under World5』(10/27)
  2. 『横浜ロマンスポルノ’16~THE WAY~』(09/04)
  3. 舞台『Vamp Bamboo Burn~ヴァン!バン!バーン!』(08/25)
  4. 映画 『秘密』(08/22)
  5. 『T.M.R. LIVE REVOLUTION '』 両国国技館(08/22)
  6. 『ドラゴンクエストライブスペクタルツアー』(07/23)
  7. 『T.M.R.LIVE REVOLUTION 』(06/17)
  8. 『主よ、永遠の休息を』(05/26)
  9. 『THE CIRCUS!』(05/22)
  10. 薬また薬(05/14)
前のページ 次のページ
前のページ 次のページ